第59回全日本大学選手権大会 決勝



2011年1月5日 国立競技場


スタッフコメント
セリエOBのフロンターレユースの昭・健太の応援に引き続き、セリエOBの小椋剛の応援に6年生が行ってきました!
剛はフロンターレユースから関西大学へ進み、1年生ながらスタメンで関西第二代表で全日本大学選手権の決勝に駒を進めました。
さぁ国立へ・・・千駄ヶ谷駅で降りたら、すごい人!?
原因はトップページにヒントあり。
国立競技場に着き、関大サポーターはどっちかなと観てたら関大のブースが!!
「剛の後輩です」と言い優しそうなおねえさんに応援グッズをいただき(しまった・・・写真を撮るのを忘れてた)
18番ゲートへ
関大応援の後ろに陣取り、応援風船?を膨らませ・・・キックオフ!
剛はセンターバックでスタメン、しかもセリエ時代と同じ背番号21番!!(かっこいい!!)
前半、剛にイエローカード(ゲッ・・・)
関大ペースで・・・そして左の田中選手(川崎F内定)からのクロスを金園選手(J磐田内定)が頭で先制!!
1−0で折り返す。
後半、一進一退の攻防でいよいよアディショナルタイム・・・4分!
キープ、キープ・・・あっ!!
ゴール前、痛恨のファールでFK・・・同点・・・延長
延長前半0−0、後半に右からのクロスを途中出場の選手が頭でで決め2−1(6年生大盛りあがり!)
関西大学の43年ぶりの日本一で幕を閉じました!
関大選手とサポーターが盛り上がってる中、セリエ6年の前に剛が登場!
ピッチとスタンドでちょと距離があるが記念撮影。
セリエのチーム方針でもある育成、これも一つの結果です。
決して人気があるとは言えない大学サッカーですがJリーグだけではなく、どんな場でもサッカーは面白いし、楽しいもんだなと改めて実感しました!
「さぁ帰るぞ」「・満員電車だっ!」
「テツ・・・テツ〜ッッッ」・・・おわり。