松村杯 観戦記

2006年9月24日(日) 天候:晴れ  会場:中瀬グラウンド
松村杯決勝トーナメント第2回戦   vs NKFC

GK 松永
DF 佐々木・岩佐・柳
MF 金子・渡辺・斉藤・芹ケ野・山崎
FW 大津・江口
SUB 大沼・鈴木・片岡・中村・川崎・力安・瀬貫・横川

 心配された台風の影響もなく、秋晴れのなかで松村杯の決勝トーナメントがスタートした。
 セリエの初戦の相手は春季大会で4位に入賞したNKFC。

 セリエのキックオフで試合開始。
 前半4分、山崎が右サイドに流れたボールに追いつき、ゴールライン際を持ち込み、中央の大津へ丁寧なパス。これを大津がダイレクトで右足で決めセリエが先制!
 先取点を取ると勢いに乗るこのチーム。
 前半6分には右サイドで得たコーナーキックを金子がゴール前に絶妙のボールを上げ、それを山崎がヘディングでドンピシャで合わせ2点目!
 ここまでは中盤でボールを支配できていたが、2点取ったことで多少気が緩んだか、前半8分にNKFCが中盤でボールを奪い、相手FWが外に開いた動きにDF柳がつられ、空いた中央にスルーパスを通されフリーでシュートを決められ2−1に。 ちょっと嫌な空気がピッチの選手達に広がる。
 ひとつひとつのプレーを急ぎ過ぎる。セリエボールになっても「連動」が無いからパスコースが限定されてしまう。
 前半13分、ボランチの金子から中央の山崎にパスが出て、山崎がワンタッチで大津へパス。
 大津がそのままDFの裏へ抜け出しシュートを打つが、わずかにゴールポストの左側に外れる。
 ボールを早く動かすことでDFの裏に抜け出すことができたいいプレーだった。
 前半14分にはNKFCにワンツーで中央を抜かれシュートを打たれたが、ここはGK松永がセービングして事なきを得る。
 続く15分にはセリエが右コーナーキック。ゴール前でこぼれたボールを渡辺がシュートを打ったが、ゴール枠を大きく外れる。
 その後もNKFCゴール前に迫り、17分には山崎がシュートを打ち、GKが弾いたところをFW江口が詰めたがポストに弾かれる。
 このまま2−1で前半終了。ボールポゼッションは高く、シュートも打てていたが、攻撃が単調になり過ぎる。特に、両サイドハーフの運動量が少ないため、中央からの攻撃に終始してしまった。
 また、ワンタッチが悪いから次のプレーに時間がかかってしまう。
 後半を迎え、DF柳に変えて中村、MF斉藤に変えて横川をそれぞれ投入。

 後半開始。NKFCはキックオフから直接シュートを狙ってきた。
 GKの前でバウンドしヒヤッとしたが松永が押える。
 後半1分、右サイドに展開し、大津がドリブルで切り込みゴール前にクロスボール。
 相手キーパーがキャッチミスしたところを山崎が詰めて3−1。
 2点差になって選手の動きも落ち着いてきた。後半から入った横川の動きが良く、ボールをサイドに展開することが出来た。金子、渡辺の両ボランチも中央で相手のボールを奪い、決定的な場面を作らせなかった。
 そんな中、後半10分、左サイド芹ケ野のパスミスからNKFCの7番山口にドリブルで5人かわされシュートを決められ3−2。俄然NKFCの応援団が盛り上がる!多少浮き足立つセリエイレブン。
 そんな嫌な雰囲気を後半14分、ゴール前のボールを大津が相手2人に囲まれながらキープし、ゴール中央にいた江口にパス。それを江口が落ち着いて相手DF1人を右にかわしてシュート。
 見事に決まり4−2!今度はセリエ応援団がこの日一番の盛り上がり!!!
 大津の個人技が光ったゴールだった。
 その後の16分、山崎が中央からドリブルで突破しているところをNKFCがたまらずファウル。
 FKとなり金子が早いリスタート。山崎が浮いたボールを右足で決めて5−2。
 後半18分、芹ケ野に替って瀬貫が出場。短い時間だったが、彼の持ち味の相手を追い込む動きが出来ていた。
 主審のホイッスルが大きく鳴り響き試合終了。5−2で初戦突破!!

 精神的に弱い部分があり、失点すると浮き足だってしまうが、先制点を取れたことと後半の立ち上がりに得点できたことで自分たちのリズムをかろうじて保つことができた。
 夏合宿から取り組んでいる「連動」は、予選リーグの3試合に比べると出来ていたが、まだベンチからの声で反応している選手がいる。 また、味方選手に指示を出せる選手がいない。
 試合中に全体を見渡せるポジションの選手には是非やってもらいたいことなので注文を付けておく。
 3回戦以降の強豪との試合を控え、修正すべきことが多いが、勝てたことで勢いにのり、11月3日の等々力競技場まで突き進んでいってもらいたい。

セリエFC 5 (2−1/3−1) 2 NKFC

平成18年9月25日 新規公開