松村杯 観戦記

2006年12月17日(日) 天候:晴れ  会場:古市場多目的広場
平成18年度新人戦 地区予選(3日目)第1試合 vs リバーFC

GK 峰尾
DF 鈴木・平本・片桐・大和田・斎藤(優)
MF 佐藤・横川・横川
FW 高月・斎藤(大)
SUB 石丸・端山・松井・水野谷・小森・照井

 2勝1敗で迎えた大会三日目。今日の二試合は予選突破の鍵を握る。
 朝一番の試合にあわせ7時30分に集合し、昨日と同じミニゲーム中心でアップ。
 動きに個人差が見られる。ボールだけに目を奪われ、また足を止めて待つ選手が多い。

 ボールが来る前に廻りを視て、考えて動くことを課題にピッチに送り出す。

9時、キックオフ。相手はリバーFC
 いつもと同じで朝一番の試合は動きが悪い。最初から劣勢の展開だが、健也を中心とするDF陣が良くしのぎ、相手のシュートをGK出が好セーブ。
 攻撃のチャンスは少ないが、大樹の突破から惜しいシュートの場面も有り、全く目が離せない。ただMF諒へのマークがきつく、チャンスを作りきれない。
 残り時間約2分、前半0−0で終わるかと思われたが、ゴール前の混戦から失点。

後半。駿弥と洸輝を投入するも、前半の流れが変わらないまま、開始5分後に2点目を献上。
 この後、諒が自分へのプレスのキツさと、仲間のフォローの遅れに苛立つ場面が多くなる。
 ここで一旦諒をベンチに下げる。この間相手ゴール前で友来の果敢なプレーからPKをゲット。
 再度ピッチに戻った諒がキッチリ決め一点差。残り時間は2分。同点を目指し頑張るも時遅し。波に乗れないまま二敗目を喫する。

セリエFC 1 (0−1/1−1) 2 リバーFC

GK 峰尾
DF 横川・平本・大和田・片桐・斎藤(優)
MF 高月・江口・小森
FW 照井・斎藤(大)
SUB 佐藤・端山・松井・水野谷・鈴木・石丸

平成18年度新人戦 地区予選(3日目)第2試合 vs 下河原SC

 負ければ、自力での予選突破に向け後が無くなる下河原SC戦。
 この試合、ムードメーカーの友来をトップに据える。
 また最後尾に祥也を起用。もともとDF能力が高くスピードのある祥也。ただFWへのこだわりが強い為、DFポジションでのモチベーションが心配された。
 前半開始。一進一退の緊迫したほぼ互角の展開が続く。選手は気持ちの切り替えがうまく行ったのか、自分たちで考え連携を取り始める。
 何より祥也の判断と動きが良く、これにDF陣全体が連動し、危なげない展開。
 諒も気持ちが落着き、いつもの動きが戻り始める。拮抗したまま0−0で前半終了。

後半開始。前半の良い流れを続ける為、交代無しで送り出す。
 開始直後から諒の両サイドへのスルーパスが立て続けに通る。
 DF陣やMF陣もお互い考えて動き、ドリブルからパスの連動が出来ている。FW友来が中央でポストプレーからフォローする選手へパスを出す。久々に納得のいく展開。
 徐々に相手側のピッチへ押し込む場面が多くなり、先制点の予感が出始めた後半10分。
 前掛かりの状態から中央突破を許す。祥也が最終ラインで対応するも交わされ、逆に一点を先制される。
 選手から落胆の雰囲気が伝わってくる。
 内容が悪くないだけに、一点が取れないのが歯がゆい。

 それでもその後気持ちを持ち直して、最後までゴールを目指す選手たち。
 しかし残り1分。自陣ゴール右サイドから二点目を決められ、このままタイムアップ。
 
 取組んできた課題が出せず、動きも悪く敗れた一試合目。敗れはしたものの内容は良く、課題も出来ていた二試合目。
 一試合空けただけでこんなに違ってしまう選手の動きに、課題がまだまだ選手一人一人に十分染み込んでいないと感じると共に、それを引き出せないコーチングの悪さを痛感した。

平成18年12月20日 更新

セリエFC 0 (0−0/0−2) 2 下河原SC