朝日新聞杯 観戦記

2006年11月5日(日) 天候:晴れ  会場:古市場多目的広場
第2回朝日新聞杯 Kブロック予選   vs 東小倉SC

GK 大貫
DF 片羽・江口・阿久津
MF 桑田・三田・門倉・中村
FW 引田・永岡・斉藤
SUB 中村・福田・大津・檜垣・綱島

 晴天の中、第2回朝日新聞杯ブロック予選が開催された。
 セリエの初戦の相手は同じ幸区内で活動している東小倉SC。
 去年の春季大会低学年で対戦した以来、約1年半ぶりの対戦。
 その時の対戦結果は0−11の●
 選手のうち数名がそのことを記憶しており、試合前から弱気な発言がチラホラ
 でも、過去は過去!今まで取り組んできたテーマを確認し、「みんなで守って、みんなで攻めて、みんなで喜ぶ。みんなで作ったセリエのあきらめないサッカー」を胸に、いざピッチへ!!

 主審のホイッスルと同時に、ボールを触りに行くが、タッチミスから相手MFに奪われ、FWに出されたボールの処理も悪く、早くも1点先制される。
 CKから出たボールを巧く処理したY・Eがドルブルで抜け出したが、相手FWに阻まれる。
 しかし、T・Hが詰めたため、相手選手は味方へのバックパスを選択。
 すかさず、T・HとS・Nが追いかけるが、追いかけきれない。諦めている。
 GKまで戻されたボールは相手GKのパスミスから左コーナー奥まで転がったが、セリエの選手は先に触れない!
 幾度かの蹴りあいのすえ、またしても相手MFからのパスが通されてしまい、ハーフウェイラインぎりぎりで待ち構えていたFWにわたり、2点目の失点となる。
 このとき、DFに戻ったセリエの選手はたったの3名。
 嫌な空気が漂う中、MFのS・Nがディフェンスにまわり、攻撃のチャンスを作った。
 ここで初めてのチャンス!相手チームのゴールキック
 得点にはつながらなかったが、少しはセリエカラーが見えてきた。
 しかし、ゴール前での攻防戦のすえ、またしてもオフサイドラインギリギリのFWにボールがわたり、大ピンチ!!
 ここでもDFの枚数は少ないが、T・Oが前に出たことやS・Nの必死のDFにより、シュートはゴールマウスの左を大きく外れた。
 ゴールキックからのリスタートでいつも相手に先に触られてしまうセリエ。
 幾度となく修正は掛けているが、またしても相手選手に先に触られ、シュートを打たれるが、なんとかしのいだ。
 しかし、次のゴールキックでも同じことの繰り返し。
 その後も攻撃の手を緩めない相手の攻撃に耐え切れず、3点目の失点を許してしまう。
 ここで、S・Kに代わりR・Nを投入。DFに期待したい。
 選手交代が気になったのか、若干DFに戻る選手の数が増え始めた。
 自陣に攻められたボールをS・Nがインターセプトし、一気に相手ゴール前まで攻め入った。
 初めてのコーナーキックでゴールマウスを脅かしたが、得点できず、このまま前半終了かと思った時、H・Nのヘディングからこぼれ出たボールをY・Eがシューーーート!!
 見事に決まり、1点を返したところで前半終了のホイッスル。
 まだ2点の差はあるものの、良い感じで後半を迎えられそうだ。

 Y・EとT・Kのポジションを交換して、後半戦スタート。
 スタート直後から攻められるが、1点を返せたこともあってか、選手の動きも良くなり、またT・Oのナイスプレーに助けられ攻撃のリズムを作ろうとするが、残念ながら手痛い4点目を与えてしまう。
 この時の接触プレーで倒れたR・Nも持ち前の根性で試合に復帰!
 さすがにこれ以上失点を重ねるとキツイ。
 なかなかハーフウェイラインを超えられないセリエだが、H・Nのドリブルなどで何とか流れを変えようとする。ここで、R・Sに代わりR・Fを投入。
 交代直後にFKを得たが、ゴールに向かう姿勢が強く残念ながらオフサイド。
 オフサイドは人に教わるのではなく、自分で気づくことが大事!父兄の声は必要無い!!
 その後も何度か相手陣内に攻め込むが、決定的なチャンスが作れないまま、5点目の失点。
 ここで、T・H、R・N、S・Aを下げ、K・H、Y・T、K・Oを投入。
 交代した3名の選手がプレーできる時間は限られているが、思う存分プレーして欲しい。
 その後、絶対絶命のピンチをT・Kが防ぐなど、ナイスプレーも見られたが、終了間際に6点目を献上してしまい、そのまま試合終了のホイッスルが鳴り響いた。

 セリエの基本はドリブル、でもドリブルをするためには何が必要なのか?
 ボールが無ければ何も始まらない!1つしかないボールを積極的に奪うこと!
 次の試合では、もっと積極的にボールを奪いに行って欲しい。
  

セリエFC 1 (1−3/0−3) 6 東小倉SC

平成18年11月5日 新規公開