朝日新聞杯 観戦記

2006年11月12日(日) 天候:晴れ  会場:古市場多目的広場
第2回朝日新聞杯 Kブロック予選   
第2戦 vs 向丘SC
第3戦 vs ベルデスポーツクラブ

第2試合 GK 大貫
DF 片羽・桑田・綱島
MF 中村(翔)・引田・江口・永岡
FW 斉藤・門倉・中村(礼)
SUB 大津・檜垣・福田
・阿久津

 寒風吹きすさぶ中、第2回朝日新聞杯ブロック予選の2日目を迎えた。
 今日の結果ですべてが決まる!
 特に第2試合の向丘SC戦の勝敗が決勝トーナメント進出に大きく影響することは間違いない。
 
 前半はあいにく風下陣からの攻撃となる。
 両チームを通じてのファーストシュートは向丘SC!
 だが、開始約2分!ドリブルで駆け上がった翔允からのパスを弘行がシューーート!!
 キーパーと1対1でも落ち着いて、キーパーの右脇を狙った良いシュートだった。
 弘行のガッツポーズに俄然、盛り上がるセリエ!
 
 今日は「相手より先にボールに触る」ことが来ているし、周りの状況も良く見えている。
 ディフェンス面でも拓海・柊之祐の動きがしっかりしている。大成も積極的に動いている。
 約10分、スタート直後から積極的なプレーをしていた遼が得意のドリブルで相手ゴールを目指していたが、相手DFに阻止されてしまう。
 
 陣地が風上側に変わり後半戦がスタートした。
 開始約5分、弘行がゴール前まで迫るがゴールは奪えない。
 幾度となく、相手ゴールに迫るセリエだが、追加点が取れない。
 そんな中、残り約3分でフリーキックのチャンスを得た!
 翔允の直接フリーキックはきれいに壁を越えたが、GKの真正面。
 後半は相手チームにシュートらしきシュートも打たせず、ボールポゼッションはセリエだったが、追加点を奪えることなく、1vs0で試合終了。
 
 
 1勝1敗で迎えた第3試合。相手は春先に一度だけ対戦したことのあるベルデスポーツクラブ。
 この試合でもボールに向かう姿勢は衰えていない。
 だが、第2試合同様、ファーストシュートはベルデSC。
 その後もシュートチャンスは与えるが、みんなで攻めてみんなで守って
 個人技などセリエらしさは出てはいるものの、なかなか突破口が開けないまま前半終了。
 0点で抑えているが、シュートを打たせすぎている!
 開始約4分、大き目のセンタリングに追いついた弘行がシュートを打つが、ゴールポストに嫌われ、跳ね返ってきたボールを今度はセンタリング。
 ファーサイドで待ち構えていた翔允が、絶妙のタイミングで飛び出しヘディングシューーート!!
 弘行&翔允のコラボで1点先取!
 勢いづいたセリエは孝介・弘行のシュートなど、攻撃の手を緩めない。
 残り約4分、相手GKから味方選手に出されたボールを翔允がインターセプトして、ドリブルで切り込み、シューーート!待望の2点目だ!
 このあと、危ない場面もあったがなんとかしのぎ切り、2vs0で試合終了。
 トータル、2勝1敗でブロック予選、2位通過が決まった。
 
 今日は残念ながら葉月が急病のため参加できなかったが、ふとんの中で悔しい思いと声援を送ってくれていたに違いないと思う。
 
 壮希・陸空・拓海・慶太・柊之祐・遼・賢吾・孝介・優・大成・翔允・葉月・侑・弘行・礼・陸斗
の16名全員で勝ち取った決勝トーナメントへの道。
 2年生の春季大会では、残念ながら決勝トーナメントには進めなかった。
 しかし、この1年間、ドリブルなどの個人技を中心としたトレーニングに取り組んで来た成果が少しずつ表れ始めていると思う。
 一人ひとりが自信を持って、決勝トーナメントが行われる等々力運動広場で思う存分活躍して欲しい。

 スタッフも育成を忘れずに、一歩一歩確実に選手を育てて行くことを忘れずに!!
 焦りは禁物!!
  

セリエFC 1 (1−0/0−0) 0 向丘SC

セリエFC 2 (0−0/2−0) 0 ベルデSC

平成18年11月14日 公開

第3試合 GK 中村(礼)
DF 片羽・桑田・阿久津
MF 中村(翔)・引田・江口・永岡
FW 大貫・門倉・福田
SUB 斉藤・大津・檜垣・綱島